高級デリヘル嬢と仲良くなった時の話

僕はここ数カ月高級デリヘルを呼ぶ時にはいつも同じ子を指名しています。その子がもし出勤していなかったり、その日に空きがない時には時間や日を改めてその子を呼ぶようにしています。元々デリヘルを呼ぶ時にはいつもラブホを借りてそこに呼んでいたのですが、この子への指名を何度か重ねるうちに家に呼んでも良いかなぁという気になり、自宅に呼ぶようになりました。その分ホテル代が浮いて、呼ぶ回数を増やすことができました。何回も呼んでいる間柄だから家に呼べますが、これが単発の子だとやっぱりホテルじゃなきゃ心配な気持ちもあります。あくまでそのことの間柄が大切だということです。

何度も指名を重ねて行くうちにプライベートな話をすることになりました。実家はどこだとか、何のためにデリ嬢をやっているのかだとか、小さい頃はどんな子だったかだとか。僕は仕事上もプライベートもあまり人との付き合いがなく、どこか寂しい気持ちを持ったまま毎日過ごしていたのですが、この子と知り合ってその気持ちを少しだけ埋められるようになりました。あくまでサービスの提供者と受け手という関係の壁はあり、それも心得ていますが、ただ抜いてもらう以上にこうやって大切に扱ってもらえると、この子を指名して良かったなぁという気持ちになります。

神奈川の高級デリヘル おすすめ情報 | 高級店ガイド

サブコンテンツ

このページの先頭へ